La cadetta Yumikko

ソプラノ歌手 森有美子 オフィシャルブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡へ

仕事の出張で福岡に行ってきました~!前泊させてもらえたとは言え、仕事の都合で金曜の夕方に福岡に着き、翌日土曜の夜には東京に戻るというなかなか強行日程。ほんのちょっとの自由時間でいかに美味しいものを食べるか、が個人的なミッションである(笑)。事前に福岡の人とか福岡に詳しい方々から情報をもらい、ガイドブックも買って準備万端!

ホテルは天神なので福岡空港から地下鉄で1本。まずホテルに着いてからゆっくり街に出ようかと思っていたけれど、少しだけ雨が降っていたことと、行こうと思っていたモツ鍋屋さんが天神の駅近くだったのもあり、そのまま直行することに。女一人で鍋を食べに行く…ということにちょっとの抵抗はあったけれど、食べたい欲が勝ちました(笑)。

行ったのは「楽天地」。お鍋って大体2人前からの注文になるので、1人前の鍋があるお店なんかないかなーと思っていたのですが、探したらちゃんとありました。しかもそこは1人前から鍋セットがあって、ニラたっぷりのモツ鍋に追加の具のお豆腐、酢モツ、〆のちゃんぽん(食べ放題)と一通り満喫できるようになっている。迷わずそれを注文。

104701ba.jpgするとじゃーんと鍋が出てまいりました。おー!すごいニラ!そして底に沈む大量のにんにく♪♪酢モツ(美味い!)をつまみながら煮込みを待つ。時折お店のお兄さんが、もうちょっとですねとかこまめに声をかけてくれる。そしていよいよ出来上がったモツ鍋を食べてみると、意外にさっぱりしていて美味しい!モツはコリっとしていて美味しいし、キャベツも甘い。そして意外と唐辛子がしっかり効いているのでやや辛めでこれがまた美味しい!!

んーでもさすがに1人前とは言っても一人で食べるにはたっぷりの量でしたねー。でもちゃんとちゃんぽんも食べたいし、残したくないのでサッサッとひたすら食べる、食べる。お鍋が空になるとお店のお兄ちゃんに、ちゃんぽんどうしますかー?と聞かれる。これ以上食べられますか?の意味かな?何玉いきますか?の意味かな(笑)?さすがの私も結構ギリギリだったので、一玉のみ。ちゃんぽんもさっと火の通る程度で良い加減を教えてくれたので、麺の硬さもちょうどよく、最後までとっても美味しく頂けました。にんにくと唐辛子たっぷりのおかげで体はほっかほか。前日までちょっと体調が心配だったけどだいぶこのモツ鍋で回復しましたね。よかった!!

その後はホテルへ行ってちょっと休んでから街をブラブラ。デパートの食品街で何か福岡の特産物をゆっくり見ようと思っていたけど、大きなデパートの閉店時間が結構早かったのでほとんど通りすぎるくらいしかできず。残念。パン屋さんで福岡のお茶である八女茶の練りこんであるパンを見つけたので、それを明日のお昼用に買う。その後は、近くの他の雑居ビルをあれこれ見回って、何故かキャリーケースを購入。今回一泊なので普通の大きめの鞄でいけるかと思ったら意外に重くて移動がとても大変だったので何か安いものがないかと探してみたら、3000円弱で手頃な大きさのものがあったのでした♪

そこのビルも間もなく閉店ということでやはりバタバタっと見て回り、走り回ってギリギリでやっとキャリーケースを購入。一息ついたところで、翌日の仕事先の方から電話を頂き、近くのラーメンやお寿司屋さんなど美味しいお店情報をもらう(笑)。モツ鍋を早い時間に食べ、ちょっと夜遅くにラーメンでも食べよかなと考えていたけれど、すでに麺はちゃんぽんを食べていたのでさすがにラーメンは無理、ということでなんとかお寿司なら入るかなと思い、教えてもらったお店の回転寿司店舗へ向かう。回転ならちょっとだけつまめるしいいかなと。

行ったお寿司屋さんは「ひょうたん寿司」。普通の店舗と回転とあり、どちらもお手頃で美味しいと評判でいつも行列ができているそう。でも行ってみたら金曜の夜9時前という時間にも関わらず2、3人しか待っていなかったのですんなり入れました。

食べたのは白身魚の三点盛り寿司(金目鯛、生穴子、はまち。ん?穴子は白身なのか??)。金目鯛はちょっとの塩だけで食べるのだけど、これが身が甘くてなんとも美味しい!続いては炙りサーモン。これも旨し。他にも名物らしいゴマさばなど、いろいろ食べようかと思ったけど、もうさすがにお腹がいっぱいだったので、さっき美味しかった金目鯛を一皿食べて終了。ご馳走様でした~!

866bb81a.jpg翌日、仕事を無事に終えると、飛行機の時間までの数時間で何が食べらるか、と向こうの方もいろいろ考えて下さり(笑)、とりあえず近くの一蘭に連れて行ってもらいました。東京にも一蘭はあるけれど食べたことはなく、初めての一蘭体験。いろいろ味の濃さや麺の固さなどを書き込む紙があったけれど、とりあえずは全て通常のままでオーダー。

初めて食べた一蘭の印象は、意外にさっぱりしていて美味しい!!そういえば友達がいつも言ってたな。本場のとんこつって東京のと違ってあんなごてごてしてなくて、さっぱりしてるんだよ!って。本当にその通りでした。辛味もちょっと効いていてとても美味しい。スープもいい感じにアツアツなので、うん、これは替え玉したくなりますよね(笑)。ということで半替え玉をしてみる。美味しい!半熟卵も追加したけどこれもまた美味しい!

6fe26780.jpgそしてスープも美味しいのでさくさくと飲んでいると、底に何か文字が出てきました。うーん、また小憎い演出。こんなこと書かれたらスープも飲み干しちゃいますよね!という訳でスープまで飲んで完食!美味しかった~!!一蘭気に入りました♪東京でも食べてみよう~

一蘭には餃子はないので、これは空港で食べられたら食べようと思っていたけれど、仕事先の近くの一蘭から空港に向かうとまあ結構ギリギリな時間だったので餃子はまたの機会ということで諦め、お土産をいくつか買って帰りました。

それにしても飛行機ってすごいですね!私は実家が関東なので国内線に乗ることがほとんどないのですが、東京から九州なんて行きは2時間、帰りは1時間ちょっととあっという間に着いてしまうのね。今回結構ギリギリのタイムスケジュールで、一切観光をしていないせいもあり、九州まで行って帰ってきたという感覚がほとんどなく終わってしまいました。短い自由時間の割に、美味しいものはかなり満喫できましたが(笑)。でも、過日のフルーツアレルギーの疑いのせいで食べたかった苺も食べられなかったし、まだまだ美味しいものいっぱいあると思うので、今度はまたゆっくり行きたいですね~♪
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Yumiko Mori

Author:Yumiko Mori
森有美子(ソプラノ)http://twitter.com/yumikomori
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。東京音楽大学卒業後、東京芸術大学音楽学部声楽科を経て2002-03年度ロータリー財団国際親善奨学生としてイタリア・ローマのAccademia Internazionale di Musicaへ留学。帰国後、東京芸術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程に入学。特にバロック初期のイタリア音楽を専門に研究し、修士課程を修了。宗教曲、バロック音楽からオペラ、現代曲の委嘱作品の録音など幅広いレパートリーをこなす。2010年には金子みすずの詩集による歌曲集「わらひ」(久保田翠作曲)CDもリリース。また、デュオアンサンブル「Gemelli」、トリオアンサンブル「La Musica Secreta」、リコーダーアンサンブル「Ederebivere」などを結成、様々なタイプのアンサンブル活動にも力を入れている。日本ヘンデル協会、日本イタリア古楽協会会員。趣味は美味しいものを食べること、いろいろなお菓子を作ること。将来、カフェを併設したコンサートサロンを経営するのが夢。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。