La cadetta Yumikko

ソプラノ歌手 森有美子 オフィシャルブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love ♪ タンブラー

私は自他共に認めるタンブラー好きである。タンブラーに留まらず、ティーポットはもちろん、茶漉し付きマグ、マグカップ、ティーカップのセット多数、火にかけるタイプのエスプレッソマシーン3種、中国茶器のセットまである。つまり飲み物を淹れる、飲む容器が好きなんですな。その時により飲みたくなるものが違うので、紅茶、ハーブティーが飲みたい時は茶漉しのあるもの、コーヒーは保温性のあるもの、荷物が多い時はスリムなもの、とその時により欲しくなるものが違う。

そして、季節や今の趣向に関わらず欲しくなるのはスタバのタンブラーである。スタバの通常のタンブラーはステンレス製ではないので保温性はいまいちだが、密封性は高いし、なんといってもその時にしか手に入らない限定商品であるところが一番の惹かれどころなのだと思う。

tamblar2スタバは細かく季節イベントに分けて年間かなりの本数のタンブラー、マグを出しているが、毎回かわいいものばかりではなく、狙い目はバレンタイン、桜、クリスマスあたりである。特にバレンタインは大体かわいくて、つい2種類買ってしまうこともしばしば(笑)。

これはそのバレンタインのシリーズ。特に1番右の取っ手のついたタイプはすごく気に入っているのだけど、使っているうちに表面の色がちょっと褪せてきてしまったのでそれ以降はあまり使わずに保存している。

tamblar11tamblar12これは最新のバレンタインシリーズ。最近はもうあまり買わないようにしようと思って新商品のチェックもしないようにしていたのだけど、たまたま友達から今バレンタインの始まったね~と聞いたら思わず出向いてしまい。。。好みの柄の素敵なものもあったのだけど、まあいいや我慢しようと思っていた矢先に見えたのがこのタンブラー。黒でシンプルだなーと思っていたら、なんとお湯を入れると赤いハートが浮かび上がるシステム。即、買いでした(笑)。

tamblar1これは桜タンブラー。実際お店で買ったのは右のピンククリアーのタンブラーだけかな。あとの2つはヤフオクで買いました。ヤフオクではちょっと珍しいものや、海外のものも売ってたりするので、ついつい原価より高くても買ってしまったり。。。でもやっぱ、その時に出ているものを買うのがいいよね、と思って最初の頃以降は買っていませんが。

tamblar4これはその他、気に入った時に買ったタンブラーたち。右から2番目のは初めて買ったタンブラー。最初はシンプルなものからいきましたね。真ん中のはニューイヤータンブラー。確かこの年には初めてスタバの福袋も買ったような。2007年とあります。左の金のタンブラーもシックで素敵。左から2番目のはスタバのロゴにもなっている女神?をモチーフにしたもの。

tamblar3それから、私のスタバタンブラー好きを知っている人たちが何かの折にくれたりもします。左の2つはアメリカに住んでいる友達が送ってくれたもの。1番左のはヒューストンのもの。左から2番目のはどこのかな(笑)?いかにもアメリカっぽい派手な柄で、サイズも大きいしお気に入り。右から2番目は北海道の友達に、1番右のは知人の結婚式で歌ったときに頂いたもの。どちらも冬っぽくてかわいい♪

tamblar5これはクリアータイプのシリーズですね。1番右のはタツノオトシゴのデザイン。でも、実はクリアータイプのタンブラーは、さっきの桜のもそうだけど、カフェラテを入れるにはいまいち見栄えが悪い・・・です(笑)。右から2番目のは福袋に入っていた?か自分で買った、コーヒーを淹れるためのタンブラー。中に直接コーヒーの豆を挽いたものを入れて、紅茶みたいに上からプレスするタイプ。隣はフラペチーノ用タンブラー、左のはウォータークーラー。

tamblar6マグもあります。手前のは普通にスタバに置いてあるショートサイズ用のマグ。こうして家で使ってみると、持ち手といいサイズといい、とてもちょうどよく使いやすくできているなと感心。左のはバレンタインマグ。ソーサーがハートでかわいいのです。あとの2つはやはりアメリカの友達がタンブラーと一緒に送ってきてくれたもの。

tamblar9これらをひとまとめにしてみるとこんな感じになりました(笑)。圧巻!!我ながら目が回りそう!!多分2005年くらいから集め始めたと思うのだけれど、ずいぶん溜まったな~。そして実はこのほとんどが使われていないという・・・。いや、だって、気に入っていればいるほど、色あせるのが嫌で使えないんですよ~~。なのでこれらのほとんどはコレクションとして本棚に並べられております。

tamblar7そして番外編も。タリーズのとボタニカルズというハーブ屋さんのタンブラー。タリーズのは昨年のニューイヤーシリーズで、うさぎのモチーフがあまりにかわいかったので買いましたが、残念ながらちょっともれてしまうので、持ち歩きはできず。。ボタニカルズのは、中に取り外しのできる茶漉しが付いているもので、大学院の時に同じタンブラーを持っていた友人と一緒に楽しく使ってましたね。ボタニカルズはこのタンブラーを持っていくと1杯分その日の日替わりハーブティーを入れてくれるのが楽しみでよく通ってた。このタンブラーは表紙を入れ替えられるタイプのものなのだけど、確か毎月いくら以上買うと月替わりでカレンダー付の表紙をくれたんだっけ。

tamblar8さてそして最後は保温ができるタイプの水筒たち。スタバのタンブラーの欠点といえば欠点は保温性が低いことである。まあ、スタバのタンブラーに保温性を求めたい人はステンレスタイプのタンブラーを買えばいいというだけのことなのだけど、あれは意外と高いし(3000円くらい?)年間いろんな色は出ているけど、デザインはないのでやはりどうしても買うとなると普通のタンブラーの方にしてしまう。なんといっても、タンブラーのほうは買うと1杯無料券が付いてくるしね(ステンレスタイプには付かない)。

1番左端のものは近所のディスカウントスーパーで買ったもので、見た目は地味だけどかなりの保温性があったのですごく重宝していた。その隣は中に茶漉しが付いているタイプ。これはすごく便利だったけど、紅茶かコーヒーかどちらかだけを入れるようにしないと、どちらかの香りが茶漉しに残ってしまうということも。右から2番目のは、昨年オペレーターの仕事をしている時に、暇な時や(笑)疲れたときに、目からも楽しめる色にしようと思って買ったもの。これはどんな鞄にも入れられるし、コーヒーを入れるならこのくらいの量でも十分なのでこれも結構使ったな。

真ん中のは、最近友達が使っていた、片手でボタンを押すだけで飲み口がぽんと開くタイプの水筒が使いやすそうで、そんな時たまたま彼女と一緒に寄ったロフトでセールしていたので、えーい買ってしまえ!と買ったもの。彼女はスタバのなので、そのタンブラーにコーヒーを入れてもらっているのだけど、そうか!保温性のあるタンブラーに入れてもらえば冷めないしいいなー、とそれもうらやましく(笑)(笑)。今はこれを愛用しています。サイズも300と多すぎず少なすぎず、形もスリムだし、横にしてももれないのでどんな鞄にも入れられる。スタバのトールサイズは入らないけど、ショートサイズは入るという感じ。この間スタバで初めて使ったら“素敵なタンブラーですね!”ってほめられました♪♪1番右端のは先日も紹介した、スープ用の水筒。これも早速お弁当用に活用してます。

tamblar10それらを一括して集めたのがこれ(笑)。すごい。。。実は我が家の台所の食器棚は私の持ち物、というスペースが4段分くらいあります。

昔は紅茶の茶葉やハーブティーもあれこれ買うのが好きで、紅茶専門店で働いていた時にちょこちょこ買っていたものも合わせると何十種類という茶葉が常備されてたなー。ほんと、そのままお店が開けるくらいでした。今は紅茶はルピシアの福袋を冬か夏に1度買うくらいで、ハーブティーは飲まなくなったので、紅茶10種類くらいとコーヒー豆2種類くらいしかないですけどね。

茶器の方はタンブラーよりは使ってるかも。やはり家で落ち着いてお茶を飲みたいときはティーポットで淹れて飲みたいし、ちょっとだけ飲みたいときは茶漉しマグが役にたつ。茶漉しマグも、今はちょっとだけ飲みたいから小さいの、これから練習するからちょっと大きいの、と自由自在(笑)。あっ、ここに載せてないけどアフタヌーンティーの茶濾しつきマグや透明カップもなかなか高機能です。これからもこうして良いもの、好きなものを求めての放浪生活続くんだろうなあ。。。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Yumiko Mori

Author:Yumiko Mori
森有美子(ソプラノ)http://twitter.com/yumikomori
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。東京音楽大学卒業後、東京芸術大学音楽学部声楽科を経て2002-03年度ロータリー財団国際親善奨学生としてイタリア・ローマのAccademia Internazionale di Musicaへ留学。帰国後、東京芸術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程に入学。特にバロック初期のイタリア音楽を専門に研究し、修士課程を修了。宗教曲、バロック音楽からオペラ、現代曲の委嘱作品の録音など幅広いレパートリーをこなす。2010年には金子みすずの詩集による歌曲集「わらひ」(久保田翠作曲)CDもリリース。また、デュオアンサンブル「Gemelli」、トリオアンサンブル「La Musica Secreta」、リコーダーアンサンブル「Ederebivere」などを結成、様々なタイプのアンサンブル活動にも力を入れている。日本ヘンデル協会、日本イタリア古楽協会会員。趣味は美味しいものを食べること、いろいろなお菓子を作ること。将来、カフェを併設したコンサートサロンを経営するのが夢。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。