La cadetta Yumikko

ソプラノ歌手 森有美子 オフィシャルブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しく、柔らかくあること

ひとつ歳をとりました♪今年はいろいろな新しいことに柔軟に取り組んでいきたいなと思っています。もうこちらでも何度もくり返し書いていることだけど、昨年の8月に割りと大きめな足の怪我をして生活ペースがすっかり変わってから、すごく人生が生きやすくなり(笑)、それによって新しい風もいろいろ呼び込めるようになりました。

例えば仕事(バイト)。今まで飲食業一本筋だったのが、何せ動き回れないので座ってできる仕事として生まれて初のオペレーター業にチャレンジ。これは最初の座学研修がかなりみっちりで大変だったし、初めて電話を取った日は緊張で熱出しましたねー。クレームもいろいろ来るし、小さな失敗もいろいろあったので、最初はああすればよかったこうすればよかった、と引きずっていたけど、SV(スペシャルバイザー)や先輩オペレーターにアドバイスされて、段々今に最大限集中して、終わったら頭をさっと切り替えて次に行くというスキルを学べたのは大きかった。お客さんの話をまずじっくり聞いて、話の整理をしてあげて、求める回答にできるだけ素早くシンプルに答えること。これはすごく頭を使うことだけど、でも慣れてくると自分の頭の回転も段々速くなってくるし、更にスムーズにいくためにはと知識面に関しても技術面に関してもスキルアップを考えるようになるので、すごくやりがいがあって面白かったですね。

私が最近よく著作を読む脳学者の茂木健一郎さんもよく、とにかくためらわずに何にでも好奇心を持って新しい世界へ飛び込んでいくことが脳の活性化につながるし、生き生きとした人生を送る秘訣だということを話している。これは本当にそうだなあと実感として思う。それは例えばそんなに大袈裟な新しいことじゃなくてもいい。いつも通る道をちょっと違うルートで行ってみるとか、いつも食べているものをたまには違うものを食べてみるとか。そうすることで必ず何かしら新しい発見があったりする。

怪我をしてしばらくは今までの、身体的にも精神的にもなんだかいつも無理をして、自分を追い詰めていた生活から開放されて、これからはゆっくり生きていこうと思っていたけれど、でもただ流れに身を任せて、柔軟な姿勢で生きていくだけでは、その場に留まってしまう、自分の成長が止まってしまうということでもある。ゆっくり生きたいと思っていても、持ち前の好奇心の強さや、目新しいことに対する興味までは失わなくても良いのではないか。

そんな時に茂木さんの著作に出会って、まさに答えが出たという感じでした。常に新しいことにチャレンジすること、新しい世界に飛び込んでいくことは人生を生き生きと生きていくためには必要なことだということ、あちこちに興味の対象があって、欲張ってもいいのだということ。そういえば昔、地元で見てもらった占い師に言われたのだった。“あなたは新しいこと、興味あることをなんでもやってみるほうがいい。それが長く続くかどうかは問題じゃない。要は新しいことをどんどんやることがあなたのためになる”と。

そしてそういった自分の好奇心、興味に対応していくためにはやはりその場その場を臨機応変に見極める柔軟な心、姿勢が不可欠なのだと思う。新しいものを追求していくエネルギーと、柔軟な心と精神を同時に持つこと。いつもいつも新しい世界に向かって緊張して過ごすことはないし、逆に、毎日安定した生活をして、安心な場所にいようとしなくてもいいのだ。ちょっとした不安はあっても構わないのだ。不安を打ち消そうとするのではなく、じゃあこの状況で何が自分にはできるだろうとちょっと頭を切り替えることで、注意力は高まるし、必ず自分のスキルアップにもなる。

そんな風にいつも新しい気持ちで、新しい1年を過ごしてみたいなと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Yumiko Mori

Author:Yumiko Mori
森有美子(ソプラノ)http://twitter.com/yumikomori
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。東京音楽大学卒業後、東京芸術大学音楽学部声楽科を経て2002-03年度ロータリー財団国際親善奨学生としてイタリア・ローマのAccademia Internazionale di Musicaへ留学。帰国後、東京芸術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程に入学。特にバロック初期のイタリア音楽を専門に研究し、修士課程を修了。宗教曲、バロック音楽からオペラ、現代曲の委嘱作品の録音など幅広いレパートリーをこなす。2010年には金子みすずの詩集による歌曲集「わらひ」(久保田翠作曲)CDもリリース。また、デュオアンサンブル「Gemelli」、トリオアンサンブル「La Musica Secreta」、リコーダーアンサンブル「Ederebivere」などを結成、様々なタイプのアンサンブル活動にも力を入れている。日本ヘンデル協会、日本イタリア古楽協会会員。趣味は美味しいものを食べること、いろいろなお菓子を作ること。将来、カフェを併設したコンサートサロンを経営するのが夢。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。