La cadetta Yumikko

ソプラノ歌手 森有美子 オフィシャルブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロンコンサート無事終了!

サロンコンサート無事に終わりました!!!この様な状況の中、また今日は雨も降ってしまって足元も悪かったと思うのだけれどたくさんのお客様が駆けつけてくれました~!

次々と演奏会の中止の知らせも聞く中、開催すべきかどうか迷いましたが、やはり今元気に動ける人からどんどん積極的に動いて、日本を元気にしていきたい!という思いがありました。現状を考えると、音楽で人の心や体を癒せるとはとても思えないけれども、でも、必ず音楽が必要となる時が来ると信じて、その日のために、その時のために、私たち音楽家に今できることは今もこれからも変わらず、精一杯演奏活動を続けていくことではないかと考えて、あえて開催することにしました。もちろんコンサートに来てくださる予定だった方には、身の安全や交通状況をまず1番に考えて、無理せずいらっしゃれる方だけいらして下さいとお願いしましたが。その結果、いらっしゃれなくなってしまった方もいれば、逆に予定がなくなったのでいけるよ、と連絡して下さった方もいて、結果的にはサロンはちょうど皆さんがゆったり座れるくらいの、いい感じの満席になりました。本当にありがたいことです。

今回の演奏会は前半が男性のみのプログラム、後半が女性2人のプリマドンナ争いを題材にしたモーツァルトのオペラ「劇場支配人」をやることで、男と女それぞれの持ち味を出した舞台にしたいなと思っていました。前半の男性の部は各自のソロあり、オペラアンサンブルもありで盛りだくさん!それぞれの魅力がすごくよく活かされた、とても華やかで面白いステージになりました!男性陣は、本番ではそれぞれ緊張したり、かんだり(笑)、いろいろあったみたいだけど、でも最後にはしっかり楽しんでできたよう。特に最後のメリーウィドウの「女・女・女!!」はやっぱり面白くて、良かった(笑)。振り付け稽古をしっかりやった甲斐もあったよね(笑)(笑)!

後半の劇場支配人は私が昔からいつかやりたいなと思っていたオペラ。でも2人のプリマドンナ役がどちらもちょっと難しい(特に私が歌ったほうのヘルツ夫人の役は高音の聞かせどころが変態的_笑、にすごい)ので、なかなかやる機会がなかったのですね。特に3重唱が難しい(いや、アリアも難しいですよ・・・)。このオペラは本当は最初に俳優だけの芝居のオーディションのシーンが延々とあるのだけれども、そこはカットして演奏会形式などでやることもあるよう。今回は私もそれに習って、劇場支配人が案内人としてお話を進めていくというスタイルのオリジナル台本を(私が勝手に_笑)作って、男性陣にあれこれお芝居で加わってもらいました。私の様々な無茶ぶりにしっかり対応してくれた皆様に感謝(笑)!おかげさまですっかり安心して、リラックスしてすごく楽しくやらせてもらいました~~!ありがとう!!でも、やっぱり難しい作品だったので、ちょっと時間を置いて寝かせておいて、もう1度さらい直して、また是非再演したいです。

CIMG1557こうして無事に終えることはできたけれど、でもメンバーも、地震から数日は何も手に付かず、とても音楽をやるような精神状態ではなかったようです。こんな状態で本番が本当にできるのか、不安があった方も多かったよう。でも、リハーサルで久しぶりにみんなと顔を合わせて、みんなの元気な姿に励まされて、また頑張ろうと思えた。私もやはり同じ気持ちでした。リハーサルがあるからと頑張って声を出してみたら、なんだか心も体も落ち着いてきて、そしてみんなの元気な顔を見て、みんなで一緒に音楽をしたら、段々心の中のつかえのようなものが溶けていった。段々冷えていた心が温まってきた、そんな感じでした。元々すごく穏やかで楽しいメンバーだったけど、地震が起きたことを機に、一緒に頑張ろう、頑張って乗り越えようって言う気持ちで更にぎゅっとまとまったような気がします。そんな素敵なメンバーとの出会いにも心から感謝です。

CIMG1558(女・女・女!の振り付けでポーズする私達_笑。男性陣はやはりさすがに慣れたもので、キマッテます♪)

当日は募金箱を設置して募金を募りましたが、募金にもたくさんの方が協力してくださり、たくさんの募金が集まりました。演奏会で募金を集めたのが初めての経験だったのですごく感動的でした。明日日本赤十字社に義援金として送りたいと思います。

終演後に、お客様から“ありがとう!力をもらいました!”とお声がけしてもらいました。本当に本当に何より嬉しい言葉。来て下さるお客様のためにも、そして今被災地で頑張っている方々にパワーを送るためにも、自分が元気で頑張ろうって思って演奏したけれど、自分が出したパワーよりも何倍も何倍もの力をお客様から頂いた、本当にそれを体で、肌で感じました。私もこれだけ音楽だけに、声だけに集中して歌ったのはすごく久しぶり。いつもは何かしら雑念があったりもするのだけど(笑)。今回は驚くくらいそれがなかった。いつでも、こうありたい、と思った。これが心から音楽を、歌を届けることということなんだと思った。この気持ちを本当にずっと忘れずにいたい。いろいろな意味で、一生忘れられない演奏会になりました。

近くのチャイニーズカフェで中華をたらふく食べた打ち上げ後もまだ別れがたくて、タリーズに場所を移してコーヒーを飲んだり、ジェラートを食べたりする。おとといのGP後に別れる時点で、もうこれでリハ終わりなんだ~淋しいねえ~なんて言ってたのだけど、今日は本当にこれでお別れ。。なんだかほんとに淋しくて、でもそんなに淋しくなるほどいいメンバーだったんだなあと改めて嬉しく思う。リハの後に行く予定だったジンギスカンに日を改めて行く約束をしていよいよお別れ。メンバーのうち2人は某研修所に入ってしまうので、しばらくは共演の機会はないのだけど、でもこれから演奏会とか別の形でお互いの姿を見られるのを楽しみにしています~!

さて、長くなりましたが最後に、とにかく無事に演奏会を終えることができたことに改めて感謝です。(実は本番中に地震があったそうですが・・・)この情勢の中、演奏会を続行する決意をしたこと、不安な心を抱えて、でもみんなで乗り越えようと頑張ったこと(不安を抱えているということは、リハの間誰も口にしませんでした。暗譜がやばい…という不安はみんな口にしていましたが_笑)、精一杯心からの演奏ができたこと、たくさんのお客さんの笑顔に会って力をもらったこと、それら全てが、これからのお互いの力になると思います。支えてくれた、応援してくれた、多くの人々に改めて感謝です。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Yumiko Mori

Author:Yumiko Mori
森有美子(ソプラノ)http://twitter.com/yumikomori
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。東京音楽大学卒業後、東京芸術大学音楽学部声楽科を経て2002-03年度ロータリー財団国際親善奨学生としてイタリア・ローマのAccademia Internazionale di Musicaへ留学。帰国後、東京芸術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程に入学。特にバロック初期のイタリア音楽を専門に研究し、修士課程を修了。宗教曲、バロック音楽からオペラ、現代曲の委嘱作品の録音など幅広いレパートリーをこなす。2010年には金子みすずの詩集による歌曲集「わらひ」(久保田翠作曲)CDもリリース。また、デュオアンサンブル「Gemelli」、トリオアンサンブル「La Musica Secreta」、リコーダーアンサンブル「Ederebivere」などを結成、様々なタイプのアンサンブル活動にも力を入れている。日本ヘンデル協会、日本イタリア古楽協会会員。趣味は美味しいものを食べること、いろいろなお菓子を作ること。将来、カフェを併設したコンサートサロンを経営するのが夢。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。