La cadetta Yumikko

ソプラノ歌手 森有美子 オフィシャルブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わらひライブ&マスタークラス終了♪

「わらひ」ライブ無事に終了しました~!!怪我から回復して初めてのコンサートだったので、前日になって体力がもつかな・・・とかちょっと心配になったりもしたのですが、なんとか無事に乗り切れてほっとしています。十七弦の支柱が曲の頭のほうでいくつか倒れてものすごい音がしてびっくりさせてしまったというハプニングはあったにせよ、お客さまは始終なごやか、というかむしろものすごい真剣に聞いて下さり、なんともありがたかったです。

良き友人であり、今回の作曲家&ピアニストでもある翠ちゃんにはずいぶんと苦労をかけました(笑)。作曲家の前でその作品を演奏できるという機会はなかなかないため、その曲についての思い入れやして欲しいこと、テンポ感など、詳細をいろいろ聞きながらリハーサルを進めることができるというのはすごく興味深かった。曲についてあれこれディスカッションしたりしても、最終的には無心に作曲家の音楽に素直に身を委ねるのが最良なんだろうなとも改めて思ったり。

でもさすがにオリジナル曲だとあまりこちらから注文をつけることはないのだけど、彼女には今回アレンジも何曲かやってもらったので、歌い手特有のわがままをいろいろ言って、また彼女もさっと対応できてしまうもんだから、こちらも甘えていろいろやってもらってしまった(笑)。自分の作品の発表というだけでも大変なことなのに、自作自演、和楽器との演奏の監督、アレンジ、前半の自作とは関係ない曲全ての伴奏、と一手にやることになり、きっとすごく大変だったろうなあ(笑)と、終わった後にぐったりしている彼女を見て反省しました。。。これに懲りずに(笑)、もっともっとたくさん曲を書いて、どんどん世の中に出していって欲しいなと思っています!

hokutopiaさて、次の日はロベルタ・インヴェルニッツィのマスタークラスへ参加。ほくとぴあの14階のすごく見晴らしのいい小さなホールで行われました。本番の翌日だったのでちょっと体はキツイかなと思ったのだけど、以前ヘンデルのカンタータで彼女のレッスンを受けた時に、テクニック的なことをすごく的確に教えてもらってとても素晴らしかったので、ちょっと無理してでも頑張って参加することに。

今回はモンテヴェルディの「Lettera amorosa~愛の手紙~」をもっていきました。いつかやろうやろうと思っていながらなかなか手がつけられずにいた1曲(長い語りが延々と続くので譜読みが大変_笑)。この曲は男性が恋する女性にあてた手紙を、その女性が読んでいるというシーンを描写した曲。同じように語りだけで進んでいく「アリアンナの嘆き」よりも劇的な変化が少ないので、表現という意味ではより難しい。

私は割りと慎重に1つ1つのセクションを丁寧に終わらせるように作っていったのだけど、それだとどうしても間延びしてしまい、退屈になりがちになってしまう。ロベルタのレッスンでは、劇的に畳み掛けるところ、自分の想いが溢れて想いのままに歌い上げるところ、突然想いが沈黙するところ、などいろいろなヴァリエーションのアイデアを出してくれて、それらを組み合わせることによってすごく立体感が出た!やはり初期バロックの演奏の魅力はこの陰と陽のコントラスト、そしてそれにより感情の渦が巻き起こり、聞いている人の魂を揺さぶることに尽きると思う。こういう語りだけの曲でそのポイントを見つけていくのは難しいけれど、その手がかりになるのはやはり言葉だ。その言葉をその通りにしゃべるだけでその感情が顕れるようにモンテヴェルディは書いてるはず。言葉の大事さ、そして作曲家の意図に身を委ねることの重要さを改めて考えた2日間になりました。

seminarioLettera amorosaはやはり難しい曲だし、1回歌うだけでもかなり集中しないと歌えないような曲なのでちょっと大変だったけど、でも頑張ってこの曲にした甲斐があったな。くたくたなところ最後には受講者全員による発表会まであったので、更にへとへとになりましたが(笑)。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Yumiko Mori

Author:Yumiko Mori
森有美子(ソプラノ)http://twitter.com/yumikomori
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。東京音楽大学卒業後、東京芸術大学音楽学部声楽科を経て2002-03年度ロータリー財団国際親善奨学生としてイタリア・ローマのAccademia Internazionale di Musicaへ留学。帰国後、東京芸術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程に入学。特にバロック初期のイタリア音楽を専門に研究し、修士課程を修了。宗教曲、バロック音楽からオペラ、現代曲の委嘱作品の録音など幅広いレパートリーをこなす。2010年には金子みすずの詩集による歌曲集「わらひ」(久保田翠作曲)CDもリリース。また、デュオアンサンブル「Gemelli」、トリオアンサンブル「La Musica Secreta」、リコーダーアンサンブル「Ederebivere」などを結成、様々なタイプのアンサンブル活動にも力を入れている。日本ヘンデル協会、日本イタリア古楽協会会員。趣味は美味しいものを食べること、いろいろなお菓子を作ること。将来、カフェを併設したコンサートサロンを経営するのが夢。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。