La cadetta Yumikko

ソプラノ歌手 森有美子 オフィシャルブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に終わりました~

オペラの本番が無事に終わりました。いや、ほんとに無事に終わって良かったの一言に尽きますね(笑)。共演者の皆様にはいろいろご迷惑おかけしてしまいましたが、いろいろな方のご協力に支えられて無事舞台を終えることができて本当に嬉しいです。お世話になった皆様、舞台を見に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

alessandro2足の完治にはもうしばらく時間がかかることがわかったので、本番では杖をついて出ることに。スタッフの方が私の衣装の色に合わせて布でコーティングしてくれて、持ち手のところにはちゃんとクッションまで入って衝撃が吸収できるようになってる(泣)。ありがたいです・・・

私の役は騎馬民族のスキタイの姫だけど戦場にも出るので、戦場で足を負傷してしまったという設定にすればなんとかなるかなという感じで個人設定はしていたのですが、思いの他私の杖は演出だと思っていた人が多く、終演後ロビーに出た私の足を見て本当に怪我していたんだ、とわかった方々はビックリしてました。でも、私の怪我を知っていた人も知らなかった人も、あの杖には全く違和感がなかったし、むしろすごく効果的だったと言って頂けて本当にホッとしました。

alessandro1私の役はとても気が強くて、でもまっすぐで情熱的。最後にはアレッサンドロにはふられてしまうのだけど、最後までライバルにもアレッサンドロにもまっすぐ立ち向かい、アレッサンドロにふられても気丈に笑ってみせる(でもちゃっかり最後には別のイイ男をゲットする_笑)。だからこそ最後にはアレッサンドロもリザウラに心からの友情を示し、大団円になるわけだけど。そういう役を演じるのにあまり動き回れないと迫力出せないし、どうしようかなと思っていたのですね。

でも結果的にはあまり動かないことで迫力が出ていたようです。強い感情の時には杖を握り締めたり、恋に我を忘れる時は杖を放り出したり(そのために私の杖を拾ったり渡したりしてくれる従者さんが付くことになりましたが_笑)、扇を使って相手を煽ったりで小道具をうまく使ったり。また、悲しみを語るアリアではピタッと動かないことで、かえって凛とした悲しみが出せたり、ゆっくり歩くことで気持ちの重みを伝えたり、視線の動かし方で感情を表現したり。私はどちらかというと、いつも余計に無駄な動きをしてしまうことが多いので、動きを制限された中でどう最大限に表現するか、を学ぶとてもいい機会になりました。

さて、それから怪我の方ですが、だいぶ経過はとても順調のようで、来週には松葉杖が外れそうです。思ったより早くてビックリ。オペラの稽古はかえって良いリハビリになっていたのかもしれない。先週リハビリに行ったときには、多分杖なしで歩くのがまだ怖くて、杖がないと怖いと頭で思い込んでいるだけで、もう杖なしで歩くことはできるから、リハビリのためにも、もうなるべくテーピングなどにも頼らず、自立で歩くことを少しずつ始めてみて下さいといわれました。

とは言え、オペラの本番までは何かあったら困るのでずっときちんと松葉杖を使っていましたが、無事に終わったのでこれからちょっとずつ慣らしていきたいと思います。リハビリ的にはこれからが大変になってくるようなので(あちこちの筋肉が動かないので、今のちょっとしたリハビリでも意外とキツい)、やっと本番が終わったからとあまり家でゴロゴロしてないで、どんどん外にも出かけようと思います!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Yumiko Mori

Author:Yumiko Mori
森有美子(ソプラノ)http://twitter.com/yumikomori
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。東京音楽大学卒業後、東京芸術大学音楽学部声楽科を経て2002-03年度ロータリー財団国際親善奨学生としてイタリア・ローマのAccademia Internazionale di Musicaへ留学。帰国後、東京芸術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程に入学。特にバロック初期のイタリア音楽を専門に研究し、修士課程を修了。宗教曲、バロック音楽からオペラ、現代曲の委嘱作品の録音など幅広いレパートリーをこなす。2010年には金子みすずの詩集による歌曲集「わらひ」(久保田翠作曲)CDもリリース。また、デュオアンサンブル「Gemelli」、トリオアンサンブル「La Musica Secreta」、リコーダーアンサンブル「Ederebivere」などを結成、様々なタイプのアンサンブル活動にも力を入れている。日本ヘンデル協会、日本イタリア古楽協会会員。趣味は美味しいものを食べること、いろいろなお菓子を作ること。将来、カフェを併設したコンサートサロンを経営するのが夢。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。