La cadetta Yumikko

ソプラノ歌手 森有美子 オフィシャルブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な朝に

やっぱり音楽の力ってすごいなと今朝改めて感じた。私の大学院時代のチェンバロの友達とリコーダーの後輩がCDを出したのだけど、ずっと聞く暇がなかったのを昨夜初めて聞いたのですね。それがもうすっごくよかった!ライブ録音なのでよい緊張感がこちらにまで伝わってきて、ワクワクする曲あり、切なくなる曲あり、2人のフレッシュな魅力が隅々まで感じられる、本当に心躍る素敵な演奏♪

でも昨夜は夜も遅い時間だったのであんまり大きな音で聞けなかったから、今朝早く目が覚めたこともあり、久しぶりにたっぷりした朝ご飯(いつもはクッキーとコーヒーくらい)を食べながら優雅にCDを聞こうと思っていたわけです。でも、聞いているうちに段々胸がときめいて、心が弾んできちゃってもう朝ご飯どこじゃなくなってしまった。。。

バロック用語でアフェットというものがあるのだけど(一応自分の修論のテーマでした、、)これは、聞く人の心に様々な感情を呼び起こす魔法のようなもの、だと思ってもらったらわかりやすいかなと思う。なんかこのメロディーを聞いてるだけで胸が弾むとか、この和音を聞くだけで泣きたくなるとか、そういうちょっとしたものってたくさんあると思うんだけど、バロック時代にはそういう風に人の心にアフェットを呼び起こすにはどうすべきか、という議論が盛んにされていたし、実際アフェットを呼び起こすように演奏されることが求められていた。その流れはもちろん現代までずっと繋がっているし、どんな音楽にも何かに駆り立てられるエネルギーみたいなものはあると思うけど、やはりバロック時代の音楽ほどそのアフェットを呼び起こす要素が顕著に感じられることはないなと思う。やはりこの熱さがバロックの魅力なんだよなあ。

そんなことを久しぶりに熱く考えた、1日の始まりでした。友人達の素敵な演奏に励まされて、私も頑張りたいと思います!

詳しくは大友舎レーベルHP「音の戯れ」(リコーダー:安藤由香、チェンバロ:吉見伊代)をご覧下さい~!!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

プロフィール

Yumiko Mori

Author:Yumiko Mori
森有美子(ソプラノ)http://twitter.com/yumikomori
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。東京音楽大学卒業後、東京芸術大学音楽学部声楽科を経て2002-03年度ロータリー財団国際親善奨学生としてイタリア・ローマのAccademia Internazionale di Musicaへ留学。帰国後、東京芸術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程に入学。特にバロック初期のイタリア音楽を専門に研究し、修士課程を修了。宗教曲、バロック音楽からオペラ、現代曲の委嘱作品の録音など幅広いレパートリーをこなす。2010年には金子みすずの詩集による歌曲集「わらひ」(久保田翠作曲)CDもリリース。また、デュオアンサンブル「Gemelli」、トリオアンサンブル「La Musica Secreta」、リコーダーアンサンブル「Ederebivere」などを結成、様々なタイプのアンサンブル活動にも力を入れている。日本ヘンデル協会、日本イタリア古楽協会会員。趣味は美味しいものを食べること、いろいろなお菓子を作ること。将来、カフェを併設したコンサートサロンを経営するのが夢。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。